code:410

ドンドンドドドンどんどん行くばい!
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
PROFILE
ARCHIVES
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
パーカッション
夏ミュのストリーミングを見ました。今回の映像はミュ天はA天B天混合で、頭の切り替えが上手く…いきません…。しかしあの編集の仕方だと、ミュ天宝寺は決戦のピリピリした雰囲気の中に時折挟まれる、空気が読めなくて対戦者達もイラッとさせてしまうような気の抜けた合いの手ギャグ担当みたいで面白いですね。あながち間違っちゃいませんが。
しかしオープニングの0.5秒と「チェックメイト!」のポージング、「ちゃうちゃう!」の約1.5秒のまーくんが可愛かったので、明日も生きて行けそうです。最近ミュ天に対して全体的にツンデレっぽいのは仕様です。
そういえば、一年前の昨日は四天ミュの初日でしたね…。本当に早いものです。

そんなこんなでストリーミングから夏ミュのCDの曲目リストをぼんやりと見ていたら、例のミュ天宝寺の二幕上がってすぐの曲名が「うちらのハートはパーカッション」だと知って(゚д゚)?となりました。意味深すぎて哲学的な何かかと思いました。
恐らく俺達の心意気はパーカッションのように派手でテンション高めやでと言う意味だと思うのですが、何故パーカッションが出てくるのでしょうか。これでは普通に考えると、
問題:以下の方程式を解け。
「うちらのハートはパーカッション」

うちらのハート=パーカッション ...x
うちら=四天宝寺、ハート=心、パーカッション=打楽器 ...y
うちらのハートはパーカッション にxとyを代入して、
四天宝寺の心=打楽器 //
当たり前です。日本語的には間違っていない。しかし意味的には間違っているような気もします。

打楽器だからと言って音楽的に何ビートとか言う意味でもないと思うので、だとしたらパーカッションは打楽器として括られる楽器の多さが四天宝寺に結び付くのでしょうか。
パーカスの多彩さは中高の吹奏楽程度の規模でも目を見張るバリエーションなので、四天宝寺の個性=パーカッションなのでしょうか。一体何がどうしてパーカッション…。
しかしここで必死にパーカスの多彩さを見ていても仕方ありません。早く曲と映像が見たいものです。DVDの発売日が楽しみです。

追記でお返事です!
≫安芸さん
安芸さんこんばんわ、初めまして!いつも遊びに来て下さってありがとうございます!サイトのみならず日記まで読んで下さっているとは…!ありがとうございます!(´;ω;`)
ナナナナンデスッテー!40.5巻にそんな仕掛けがあるのですか!?実は千芳の家の40.5巻は購入してすぐ某アニメショップで貰える透明カバーを掛けてしまったので、読者投稿の従兄弟の御母上のご尊顔を拝見することがインポッシブル状態なのですが、謙也くんにそっくりの御母上がそんな近い場所にいらっしゃったとは…!2年前を激しく後悔です。
カバー下裏表紙にまで手を抜かないこのみ先生と編集部に脱帽です。教えていただいてありがとうございました!(´;ω;`)そしてメッセージもありがとうございました!また遊びに来てくださいね!
ミュージカル関連 | 23:21 | comments(0) | - | chica
COMMENT
POST A COMMENT









<< どっち似 | TOP | 恋愛遍歴 >>