code:410

ドンドンドドドンどんどん行くばい!
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
PROFILE
ARCHIVES
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
100曲マラソン 前編
四天宝寺に偏った視点は仕様です。

おkな方はどうぞ↓
1曲目が始まって、純ちゃんをはじめ全キャストが舞台に。
あっ、でも、ちょ、ま、ええええ、誰が誰?

探せ!細谷を探せ!と血眼になりながらも細谷さんに目立つ身体的な特徴がなくて涙目。

最初から分かったのは純ちゃん、置鮎部長、甲斐田姐さん、まさやんくらいでした。
自分が3階席の、それも後ろから数えた方が早いような席だったというのもありますが、それでもまっすん(あとで確認)の服は恐ろしく目立っていた。黄色×赤。まっすん分かってる。遠くの席の人に優しい。

100曲マラソンっていうくらいだから、きっちり聞かせるために昼50曲・夜50曲だと思い込んで臨んでいたのですが、一公演100曲だったようで、そっから驚きました。
感覚としてはCDTVを見ている感じ。メドレー形式で次々に現れて歌うキャスト。一曲一曲のネタの仕込みやお着替えがしっかりしてあって面白かったです。特に眼鏡の人。

大まかな流れとしては、
青学→氷帝→立海→六角→比嘉→四天→や・き・に・く→焼き肉の王子様の生アフレコ→デュエット→アルバム→ユニット→Dear Prince→アンコール

こんな感じで、全キャスト歌ってました。よくこれで3時間以内に収めたものです。(正確なセトリは公式サイトにありました)

っていうか、冗談で「青学ジャージとか着てそうだよね」とか言ったら本当に着ていた。これだからテニスは怖いです。本当に。そしてまさかのこのみせんせいがwwwいらっしゃるwwwwwなんてwwwwwいや、予想の範疇。気にしない。気にしない。

やっぱり出番が多いのは純ちゃん・置鮎部長・跡部様でした。
べ様が出て来ると激しく湧く会場。氷帝人気を再認識せざるを得ない。好きだけど。そして諏訪部さまは自重すべきw
次点が不二先輩ときうてぃー。きうてぃー頑張ってた。

まあ、分かっていたことですが、全体的に四天宝寺や比嘉・六角の影が薄かったです。立海も若干。立海をもっと有効に使うべきだった。最終決戦の相手だというのに。
まあ、四天はね!新参校だしね!出席キャスト3人しかいないしね!(一番少ない)

(´・ω・`)

特に四天と比嘉は、ステージの上段の左右に隔離されていて寂しかった。(真ん中は出入り口になっていました)


(´;ω;`)さ、寂しい・・・

しかも自分の席の周りに四天好きさんがあまりいらっしゃらなかったようで、四天宝寺のときは一人大騒ぎで浮いてしまった(´;ω;`)さ、寂しい・・・

そんな感じで、意味もなく続く。
声優イベント関連 | 16:05 | comments(0) | - | chica
COMMENT
POST A COMMENT









<< 謙也くんおめ! | TOP | 100曲マラソン 中編 >>