code:410

ドンドンドドドンどんどん行くばい!
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
PROFILE
ARCHIVES
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
戦争
「きのこ」
「たけのこ」
「は?謙也何言っとんねん、きのこの山の方が美味しいに決まっとるやんか」
「自分こそ。売上人気共にたけのこの里が上なのは世の知る所や」
「売上と人気だけで美味しさが決まる訳やあらへんし?それにいくら人気があったとしても、たけのこって食べる時ぼろぼろ落ちるし手汚れるやんか。その点きのこの食べやすさはたけのこの追随を許さへん」
「ぼろぼろ落ちるんはクッキーだからや!きのこなんざクラッカーやろ、クラッカー。それやったら普通のクラッカーと板チョコ一緒に食っても変わらんわ」
「クラッカーがええんやろ!あのサクサク感とチョコが口の中でも一緒になるのがええんや」
「えー、俺いっつも歯で分離して別々に食べてまうから分からん」
「勿体ないわっていうか小学生か」
「つーかきのこは溶けたらチョコ同士でくっついて大変な事になるやんか。あかんわ、あれはあかん」
「夏時のチョコ菓子はみんなそうなるやろ。きのこにばっかり文句言うなんてこれだからたけのこ派は」
「何やて!?もういっぺん言うてみい!」
「やるんか!?」
「何喧嘩しとんねん、自分ら」
「「白石!」」
「外まで聞こえとったで。何騒いどんねん」
「「白石はきのこ派!?たけのこ派!?」」
「トッポが一番やろ。手も汚れへんし溶けへんし最後までチョコぎっしりで無駄があらへん」
「「!!??」」


ちなみに千芳は季節限定品きのこ派
小ネタ | 23:44 | comments(0) | - | chica
COMMENT
POST A COMMENT









<< 4 | TOP | 沁みる >>