code:410

ドンドンドドドンどんどん行くばい!
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
PROFILE
ARCHIVES
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
新テニス5話:白石部長が喋ったよ!(3話ぶり2回目)
謙也くんも喋ったよ!(初)
●今週の四天っ子の中の人出席率
白石部長、金ちゃんさん、謙也くん

●今週の四天宝寺の活躍
・金ちゃんさん、先週から引き続き鬼先輩と対戦
先週から引っ張った「グレートデリシャス大車輪山嵐!」は「もしかしてスーパーまで入れると尺が足らないのだろうか…」などと余計な心配をしておりましたが、単純に金ちゃんさんの中での力の加減によるものだったようです。

・白石部長と謙也くんの対戦
「悪いなケンヤ…勝ったモン勝ちや!」
エクスタシー言いませんでしたね(´・ω・`)
エクスタシー言わぬ部長などただのイケメンです結婚して下さい(´・ω・`)

「浪速のスピードスターより、聖書テニスの方が上やったっちゅー話や」
謙也くんがシャベッタァァァ!!いえ何でもないです
ところで千歳はいつ喋りますか?(欲張り)

・師範vs小春ちゃん、静止画一枚でカットされる
謙也くんも良いですが、この試合の小春ちゃんも動かしてくれるとマンモス嬉Cかったです。
そういえばこの試合に絡んで来る財前くんとユウくんが見当たりませんでした。2人はなかったことになるのでしょう。泣かない。

●今週の王子様
・幸村部長vs真田副部長、静止画一枚でスルーされる
エエエエエ!?と思いましたがこんな滅多にない好カード、そのうち回想回か何かでやるだろうなと踏んでおります。

・網をこじ開けるあくつ先輩に対して
堀尾くん「ヒイイイイ!」
壇くん「おお〜っ!」

壇くんは慣れておるなと思いました。

●今週のテコ入れ
白石部長「金ちゃんの…アホ」

(´・ω・`)??

今回のテコ入れ部分の正しい解釈は、「白石部長に美しいテコ入れキタ━━━ (゚∀゚)━━━ !!」及び「青学の先輩陣達がリョーマくんを心配するように、白石部長は金ちゃんさんの事を心配し、結局帰ってこなかった金ちゃんさんの事が残念で脱落を悔しく思っている」だと思うのですが、この台詞を聞いた時に、何故か「白石部長は金ちゃんさんを信用していないんだな…」と思いました。
いえ、それはそれで「リョーマくんが戻ってくることを信じている」青学陣が、結果リョーマくんが帰還せずに同じように落胆している事を考えるとおかしいのですが、というか、そもそも、金ちゃんさんが帰ってこなくて悔しがるという白石部長の態度その物が私の中では予想外でした。

私の中での白石部長は、何故か「あ〜金ちゃん帰ってこなかった?全くしゃあないなあ」などと言いそうなのです。何故でしょう。(聞くな)

OVAでは金ちゃんさんが全国大会準決勝おまけのS1でスーパーウルトラグレートデリシャス大車輪山嵐を繰り出す時に焦り、結果ボールが分裂して引き分けになった後に大きな安堵のため息を吐くなど、白石部長に世話焼きな側面が追加されておりましたが、原作から受ける金ちゃんさんと白石部長の関係の印象は、なんというか、割とドライなイメージだったのです。
だって普通に考えて、金ちゃんさんは旧作28巻で全国大会の為上京する際に新富士で新幹線を途中下車し行方不明という今回とは比べ物にならないほどの大きな前科があるのですよ…。その事態に対し全く焦らず上京、しかも特に迎えに行くなどの心配からの行動を起こさずにそれぞれ抽選会や有明の下見などする四天宝寺が、今回の事で動揺するとは全く思えないのですよ…。
少なくとも原作はそのような雰囲気でありました。堀尾くんのお兄様が付いていて下さったとはいえ、原作の四天宝寺は、というか原作の各校の部員の関係というのは元々割合ドライだと思いますダーン。

なので今回の事態も、原作の白石部長から受ける印象で言いそうな事と言えばどう考えても「いつもの事やろ」、強いて行動するならば溜息を吐いて頭を掻く程度です。原作です。新テニ2巻15話です。流石このみ先生色んな意味で揺るぎない。

で、白石部長の今回の台詞が何故金ちゃんさんの事を信じている信じていないという感想に繋がるのかというのは、そういったドライな四天宝寺の間柄と言うのは大きな信用の上に成り立っているのではなかろうか、ということです。
ドライな関係というのは、信じているのならば底の部分からとことん信じているであろうということです。軽い気持ちで信じているというよりも余程絶対的にお互いを信用している。
性格からくる行動がどのような結果を生むのであれ、金ちゃんの事は基本的に信用している。期待に応えてくれる。金ちゃんさんは大事な所では大体きちんとやってくれる子です。準主役だし。だから普段の行動はどうでもいい。
絶対の信頼故に放任、というのが原作から受ける金ちゃんさんと先輩四天っ子の関係のイメージです。やや問題な位放任です。

なので「金ちゃんの…アホ…」という今回の台詞は若干湿っぽく、やや不思議に聞こえました。「金ちゃん…」で止めていればぐっと来ました。ですが「金ちゃんのアホ」と素直に金ちゃんの将来を憂い、悔しがる白石部長もアリといえばアリで私の心は十分震えたので、もう満足してテコ入れキタ━━━ (゚∀゚)━━━ !!と叫ぶことにします。
テニス感想全般 | 01:38 | comments(0) | - | chica
COMMENT
POST A COMMENT









<< 完全版 | TOP | 新テニス6話:崖登り 沼に嵌まる 四天っ子 >>