code:410

ドンドンドドドンどんどん行くばい!
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
PROFILE
ARCHIVES
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
星座と血液型
先日ツイッターでこんな話題が流れて来たのです。
星座と血液型の組み合わせから性格を考えているページで、今はアーカイブ化されているものだけが残っているようなのですが、私は過去このページを拝見したことがあったらしく、見覚えのあるすごく懐かしいページでした。
ではこの星座と血液型の傾向を参考に、四天っ子について考えてみよう!(やっぱりね)
以下引用部分の出典は上記URLに依ります。

●白石部長・金ちゃんさん(牡羊座B型)
部長と金ちゃんさんは同じ星座で血液型なのですね。これはまた、仲が良さそうですね…。本質が自分と似通っているので、もしかしたら白石部長が金ちゃんさんを御するのは難しくないのではないでしょうか。

おひつじ座B型

この世には、人間の意思ではどうにも止められないものがあるのです。おひつじ座のB型、その行動力が起こすトラブルもその一つ。

さて、おひつじ座B型ですが、B型も直感的に行動する、思いついたら即行動タイプなので、血液型と星座の相性はたいへん良いと言えます。ただし、良すぎて危険かもしれません。目的に向かって突き進み、リーダーシップを発揮することも多そうです。周りは大人しく巻き込まれるか、早急に脱出を図るかです。

ただ、あまりにも直感的、かつ思いつき行動するタイプなので、現実をおろそかにしがちです。また他人の感情にも無神経になりかねないです。良いブレインを持てるかどうか、そして、そのブレインの意見を聞く度量を持てるかが、おひつじざBの運命の分かれ道です。なかなか難しいですが。

金ちゃんさんが生けるトラブルなのは分かりますが、部長もトラブル扱いでした。何と!
そうなんですか!?旧テニス新テニス作中での白石部長は、トラブルメーカーと言うよりは、どちらかと言うとトラブルメーカー処理班ではないですか…!
私が白石部長に抱く印象以上に、白石部長の本質は情熱家なのかもしれませんね。(※私が白石部長に抱く印象=4月生まれの割には控えめ、大人しめ、落ち着いている)

が、本来の性質はそうだとしても、OVAでも財前くんの意見をきちんと聞いていましたし、「ブレインの意見を聞く度量」を部長は持ち合わせていそうですね。星座の性質と血液型の性質を上手にコントロールできているのでしょう。器用なので、きっと何でも上手にコントロールできるのでしょうね…。一見情熱的な性質に見えないのは、家庭環境も要因にありそうです。

●千歳(山羊座A型)
次。千歳。

山羊座A型

土の星座はA型の個性がよく発揮される血液型だと思います。牡牛座がA型的安定性、乙女座がA型的繊細さと秩序感覚、だとしたら、山羊座はA型的うらみつらみでしょうか。失礼、言い間違えました。A型的芯の強さ、です。

A型は案外(というか、周知の事実か!?)感情的だったりするのですが、その激しさを発揮します。ただ、爆発させる、(つまりヒステリーのことね・・・)わけではなく、感情エネルギーを糧におおいに活動する(忍耐強くひたすらがんばること)と言えましょう。。

山羊座A型のエネルギーの元は、土の星座にしてA型という特性から、社会的的地位、物質的なこと、などがである可能性が高いです。

組織に執着し、転職はあまりしないほうです。執着する一方で、組織に対する不満は常に持っています。思うように出世できないのは、もちろん気に入りません。ただ、それは我慢します。しかし、周りの人間、特に上司や先輩が組織を利用しながら、組織に尽くそうとしないのがすごく気に入りません。ただ、何度も言いますが、やめたいやめたい、と愚痴をこぼしながら、やめないタイプです。

概ね、努力家であり、大器晩成型といえます。少々のことではへこたれず、相当なことでもなお、へこたれません。あれこれ衝突しつつも、周りから頼られ、最終的には組織の中で実績を積み上げ評価されていくタイプです。

石橋は、自分で十年計画で、自分で橋を架け、渡っていきます。時々頑張りすぎてて大丈夫なのかなあ、と思うこともありますが、頑張るネタがないと、つまらないようです。女性としては、夫に尽くすタイプ、仕事で頑張るタイプの両方がいます。しかし、尽くす場合は、尽くしがいのある夫であることを要求するようです。山羊座A型の専業主婦の妻を持つ男の方、「男を磨く」ことが大切です。この場合の男は、もちろん経済力と地位です。でないと、突然見限られて、働く女になっちゃいますよ!

似合わない…。
吃驚するほど千歳っぽくない…。
千歳って本当に…山羊座なのでしょうか…?


成績に頓着しなさそうな振りをして実は成績表を気にする千歳…。
四天宝寺に居ながら獅子楽に執着する千歳…。
全てを許す振りをして実は過去に橘さんから受けた痛手を忘れていない千歳…。
嫌…だな…。

以前星座談義をした際にも「山羊座は千歳のイメージではない」と言っておりましたが、本当にイメージではなくて戸惑います。
それでも、獅子楽に在学していた当時に先輩と上手に行っていなかったりしたら、大変萌えます。上述の星座血液型性質で、無我の境地の探求に努力を怠らない獅子学中時代の千歳が、テニス部のサボる先輩達の事が気に入らなくて、橘さんと共に喧嘩などを吹っかけていたら大変萌えます。
ですが獅子楽とて全国レベルの学校なのですから、あからさまにサボる先輩などいないでしょうか…ならば、学校をサボ…それは千歳本人でした。千歳ェ!
何にしろ自身の美学に反する人が許せない千歳を希望します。

●小春ちゃん(蠍座B型)
蠍座B型

世間で想像されているほど怖くない、と思います。

飲み会で、「蠍座B型」と名乗る女性がいると、ある独特の「ひく」空気が生まれます。その後、「俺、蠍座もB型も大好き〜」と場を盛り上げる男性が現れます。パターンです。

これはまさしく偏見です。それも間違った知識に基づいています。たいへん嘆かわしいことです。

蠍座は水の星座で情緒を司ります。また不動星座でもあります。不動星座故に、持って生まれたエネルギーを使うのは上手ですが、周囲に無駄に力を振りまくタイプではありません。情緒的には極めて安定しているのが蠍座の特性です。極限状況を象徴する冥王星を守護星に持っていることも含めて、確かにストレスには強いです。さらに、B型も精神的崩れ難いタイプです。48通りの組合せで、最もタフかもしれません。ただし、そのタフさは日常において発揮されるものではないようです。いざという時に強いタイプなのです。

この組合せの難点としては、直感と情緒のペアのため、現実処理や知的活動に苦手意識や面倒くささを感じることかもしれません。日常においては昼行灯。いざという時には役に立つ。そういうタイプです。

ですから、世間がイメージするほど強烈な方々ではないのです。頼りになる方々であるのは事実ですが。

「蠍座B型」とはそれほどにマイナス要素なのでしょうか。さながら丙午の女性の様に…。
しかし小春ちゃんが「極めて安定し」たタイプというのは良いと思います。普段はおちゃらけていても、本人は心底冷静に周囲を見ていて、いざという時にとても頼りになるというのも美味しいです。

●ユウくん(乙女座B型)
乙女座B型

困った組合わせです。A型の項でも言いましたが、「乙女座」は労働の星座なのです。しかし、B型は労働は嫌いなのです。

B型は働き者です。まちがいなく。A型よりも余程働きます。しかし、B型は働くことに「やりがい」とか「自己決定」とか「リーダーシップ」とか、「ともかく周りを引っ掻き回したい」とかいう衝動が付きまとうのです。B型は働くことに労働以外の要素を求めたがるのです。かくして、星座の方向と血液型の衝動の間に矛盾が生じます。

これは、B型本人にとっても周囲にとっても不幸なことです。言われたことを完璧にこなすかと思えば、衝動的に(周りからはそう見える)フテネする。リーダーシップを取らせれば、(乙女座的に)やたら細かいところまで(B型的に)ズケズケと指摘し、部下が参ってしまう。そうこうしているうちに、乙女座的繊細さから被害妄想になり、やる気を無くしてしまう。だけど、乙女座ですから、批判精神は旺盛だったりする。さぞかし扱いに困ることでしょう。

ずいぶんひどいことを書きましたが、これは乙女座B型の若いときにしばしば見られる状況です。だいたい年齢を重ねれば、落ちついてくるようです。乙女座B型は確かに大いなる矛盾を抱えた存在です。しかし、これだけ矛盾がはっきりしていると、本人も早い時点で気がつきます。腹を括って改善に取り組むしかないのですね。これはかなり成功します。なぜなら、乙女座は批判者にして分析者ですから。B型は自己改革者ですから。

乙女座B型は若き日の失敗を糧にして、飛翔して行くのです。壊した石橋を再構築して渡って行くのがおとめ座B型です。

読んでいてユウくんは後輩指導などには向いていなさそうだなと思いました。(ただの感想)
星座と血液型に矛盾が生じるタイプなのですね。

言われたことを完璧にこなすかと思えば、衝動的に(周りからはそう見える)フテネする。
(演劇部に頼まれた衣装制作を)完璧にこなすかと思えば、衝動的に(自分はこうアレンジした方が良いと思ったのに「必要ない」と言われ、充足感を失くし)フテネする。
こんな感じでしょうか。

この組み合わせは私の知り合いにもいるのですが、ユウくんと同じであったということに今気付きました。そうだったのや!
私の経験則からして乙女座B型さんは働き者なのは確かで、油断すると働いているので、きっとユウくんも、ちょっとしたことに気がついてはくるくる働き回るタイプと見ました。そしてそれを見つけて褒めないと不貞寝するのですね。心得ました。ユウくん可愛いです。
年齢的にユウくんは矛盾に苦しむ年頃でしょうか。早く星座と血液型の性質の折り合いが着くと良いですね!

●謙也くん(魚座B型)
魚座B型

言ったもん勝ち。やったもん勝ち。

繊細・過敏な魚座気質と、図太く打たれ強いB型気質
が同居しているのが魚座B型です。周囲から観察した時、タフなのか、軟弱なのか分かりません。困ったことですが、本人自身も、自分がタフなのか軟弱なのか分かってなかったりします。ただ、魚座の中では一番タフと見て間違いないとは思います。あくまで、「魚座の中で」ですが。

直感のBと感情の魚座。組合せの相性は悪くないのですが、現実に適応しているかどうかは微妙です。柔軟星座にはよく見られますが、感情の波が激しく、それで苦労することもありそうです。

また、魚座B型は、仕事・恋愛・友情を問わず、頑張りすぎる傾向があり、突然限界を迎えて鬱に近い状態になったり、それに伴い周りを引っ掻き回したりします。魚座全般に自分の限界を超えて頑張ることはよく見られますが、とりわけ顕著です。

上記の原因は、個人的には、魚座のテーマ「境界をなくす」が原因だと思っています。そのテーマに伴い、本能的に魚座は自分の限界を認識していません。その認識できない「限界」にぶち当たった時、彼らは非常に驚き、狼狽し、また傷つくようです。で、そんな時、B型ですから、自分及び周囲を巻き込んで爆発します。

ある程度歳を重ねると、限界があることは認めます。認識できなくても、経験的に悟らざるを得ないのです。で、甘え上手の魚座ですから、周りに甘えつつ、巻きこみつつ、利用していくテクニックを編み出し、その中で彼らには理不尽な限界を乗り越えて行きます。「俺は疲れている!」(翻訳:俺の面倒を見ろ!!見るんだ!!!見ないはずないよな!!!!!)とはきっと魚座B型の台詞です。それが許されるカリスマ性があったりもするのですが。

謙也くんwww
出落ちた。概ね合っている気がします。魚座の謙也くんはぴったり過ぎて、魚座関連の何を読んでも「謙也くん…!」となるのですが、謙也くんがいつかスピードの限界にぶち当たった時に、このように爆発してしまうのでしょうか。個人的には「医者になれない」という挫折に遭う謙也くんも見てみたいのですが、とても趣味が悪い気がしますので小さい文字にしておきます 謙也くんがお医者様になるのがどうしても想像できないのですよ…。開業医の御長男で決して頭も悪くなく、このまま行けば医者になる事は必至であると思うのですが、何故でしょう。数年前から言っておりますが、数学科にいそうです。まあ千芳の妄想は基本的に的外れなのでここいらでそっと握りつぶしておきます。

握りつぶすまでが長かったです。
しかし感情の起伏が激しいと言うところが謙也くんにしては、意外でした。
いつでも全力で走ったり勉強したり怒ったり笑ったりしているイメージのある謙也くんですが、心の奥底では白石部長よりも落ち着いている気がしておりました。そんなことありませんでした。心の底から人生を楽しんでいるタイプでした。

で、なければ、学校ではクールに繕っていても家では内弁慶であったりするのかもしれませんね。
謙也くんと仲の良いと評判の白石部長は、謙也くんの学校では出さない感情の起伏の激しさを知っていたりすると、なお良いです。

●師範・副部長(水瓶座O型)
この二人もお揃いなのですね。
水瓶座O型

さわやか過ぎ。

風の星座の「知的活動」と、O型の「感情的活動」はしばしば対立しますが、この組み合わせでは割とうまく共存しています。水瓶座は往々にして、浮世離れしがちですが、O型的は世俗性も持ち合わせていますので、水瓶座の中では最も世俗的かつ現実的(ぶたくさの精的には誉め言葉である)です。

情に理解があり、平等主義、博愛主義、クールで引きずらないタイプです。つまりはイイやつ、同性に好かれるタイプ、です。

さて、ここまで書くと良いことずくめのようですが、やはり問題点はでてきます。

どうも、水瓶座O型は、「知的」な面と「感情的」な面の、自己内部での衝突の回避に余計なエネルギーを費やしているような気がします。エネルギーを内部で消費している(ように感じられる)分、能力や才能があまり表に出てきません。ある種の自負心の欠如と言い換えても良いです。本気にならないタイプと言ってもいいかもしれません。

「同性に好かれるタイプ」と書きましたが、実はこれにはもう一つ意味があります。つまり社交的な割に恋には不器用なのです。そこらへんも同性の共感を呼ぶのです。

男女を問わず友人が多いのですが、誰とも「友達」になってしまいます。なかなか「特別」な雰囲気を作れないのです。「口説こうとしても、あまりに空気がさわやかすぎて、タイミングを逸してしまったよ」これはきっとよくあることです。こんな時、水瓶座O型は相手を振った(もしくは振られた)ことを知りません。

「108式波動球」(※本気でない)

(((;;;゚д゚)))

冗談は置いておいて、二人とも初対面の人ともするっとお友達になれるのですよね。良いですね。
おまけに社交的な割に恋には不器用な副部長など、とても美味しいではないですか…。
男所帯の四天宝寺テニス部においては、良心的な立ち位置ではないでしょうか。爽やかー。

●財前くん(蟹座A型)
蟹座A型

情緒が現実に結びつきます。感情の起伏は激しいタイプですが、A型は激しい感情を内にためる性質があります。内面的にはなかなかしんどい人生を送るでしょう。ただ、それを表に出さないのはたいしたものですが。人当たりはいたってソフトです。

蟹座A型が安定した心で生きるためには、感情面と、物質面と二つの面で安定が必要になります。彼らは特別理想が高くはありません。しかし、二つの安定を揃えるのは、結構たいへんです。蟹座A型は自分の理想とする世界がなかなか実現できないことに葛藤をおこします。

蟹座A型は何らかのきっかけで、感情の爆発を起こす可能性があります。こうなると、誰にも止められません。

蟹座というのは自分や周囲が思っているより、はるかに大きなエネルギーを持っているのです。逆境に強いタイプです。

財前くんも感情の起伏が激しいタイプとは!しかも揃って爆発とは…財前くんの方はひたすら抑圧し、感情的に爆発するのですね。クールに見せかけて感情的な財前くん…感情を抑圧している財前くん…!美味しいです。
それにしても財前くんは一見クールだったり穏やかそうに見せかけて、内面や思考が案外ハードモードなことが多いですね。

面白かったです。御自身のパターンも見てみると面白いのではないかと思います。私も合っておりました。終わります。
テニス妄想 | 01:51 | comments(0) | - | chica
COMMENT
POST A COMMENT









<< ぐう聖 | TOP | やっつけ >>