code:410

ドンドンドドドンどんどん行くばい!
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
PROFILE
ARCHIVES
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
初めてのテニミュ2nd
テニミュは全国立海より随分と御無沙汰だったのですが、ジャモカのはすさんとご一緒させていただいて関東立海公演を見に行って参りました。はすさんありがとうございました!ヽ(*´∀`)ノ
よく考えたら初めての関東立海で、よく考えなくても初めてのテニミュ2ndでした。2ndになって会場も仕様も変化があってとても面白かったです。やはりテニミュは生で見ると元気になりますね。そして四天宝寺公演に俄然期待が持てるようになってきました。楽しみだな〜!(※気が早すぎる)

追記でのんびり感想を書きます。
まさかの3時間。まさかの休憩2回。長い。とても長いです。一幕70分(〜D1)、二幕45分(S3,2)、三幕45分(S1)だったと思います。
かつては2回に分けていたものを1回に集約するのですから当然ですね。キャストさんはとても大変な思いをされているのでしょうが、内容も見どころも満載でお得でした。
1st時代の関東立海戦を1st、2nd共に随分昔に映像で見た記憶はあるのですが、覚えるほど見てはいないのではっきり比べることが出来ませんでした。翻って新鮮に楽しむことが出来ました。

●あらすじ
・氷帝戦、六角戦を突破した青学は関東決勝で「手塚が7人いる」立海とあたることに
・氷帝戦で手塚部長がログアウト
・幸村部長も療養中
・大石副部長が部長代理
・真田副部長は副部長

●アナウンス
お菊先輩が担当。噛みました。

●野試合(リョーマくん vs 赤也さん)
試合になると何故かユニフォームになる赤也さん。早急な決着にこだわる赤也さん。
赤也さんと丸井先輩の声が基本高めで、おまけにリョーマくんまで会話に入ると、もう誰が喋っているのか分からなかったりしました。

●テーマソング+立海校歌
立海は格好良いですね。暗闇に鈍く回る赤と黄色のスポットライトだけで圧倒的王者感。流石です。
2ndの曲目はリミックス+若干の新曲及び差し替えなのでしょうか。校歌は歌詞は同じでしたがアレンジが掛かっていてハモリも多くて大変そうでした。
それにしてもテーマソング…must be strongのことですがとてもテンポが早くなっていて驚きました。おまけにダンスも確実に激しくなっている…元々遅いテンポの曲ではなかったですし、ダンスも難しそうだなと思いましたが更に大変なことに…。
2ndは1stがあるからこそ、それ以上の質を観客からも演出からも求められていて大変だなあと感じました。

●D2(桃先輩・海堂先輩 vs 丸井先輩・ジャッカル)
試合が思った以上にあっさり進んでさくっと終わった印象です。
後から思い出すと「巻いてるな〜」という印象でしたが、分かりやすくて、2年生コンビも仲が良くて、良かったです。

●D1(ゴールデンペア vs 仁王先輩・柳生先輩)
試合のBGMがとても良かったです。
「ペテン師だ?何とでも言え」はもうちょっと頑張れると思いました。

●S3(博士 vs 教授)
博士は良い肩幅で、教授と二人揃ってすらっとしていて手足が長くて、対峙する場面がとても様になっておりました。

●S2(天才 vs 赤目)
不二先輩って難儀ですよね。
本当、白石部長不二先輩負かしてくださってありがとうございました(各方面から怒られる発言)

●S1(サムライ vs 武士)
風林火山が新曲に差し替えでした。風林火山の技紹介の際に何故か木刀を持ってらして「いや…テニス…」と思いました。
小越リョーマくんはとてもよく動きますね。

真田副部長「俺は3人、無我の境地を使える人間を知っている…部長の幸村、九州の千歳、そして俺だ」
千歳!(゚∀゚)ウォフォーってなりました。後で聞いたらはすさんもなったって言ってました。

●feat.六角
「僕たちの全国の相手、比嘉中に決まったって!俺たちも負けてられないね!じゃあ行くよ!点呼!1!」「2!」「3!」「4!」「5!」「6!かっけー!」

他の場面でも木更津くんが一発芸をやるなどして、終始明朗闊達な和みキャラでした。

●日替わり
仁王先輩「真田!忘れものぜよ〜トロフィー」
真田副部長「…(無言のログアウト)」
仁王先輩「…とハンカチ」

〜手品タイム〜

仁王先輩「…と、バラ(赤)」

仁王先輩手品キャラ。

●群舞
やはりテンポが速い。どの公演でも群舞は迫力があってぐっときますね。格好良かったです。

●まとめ
恐らくカットされた楽曲やシーンも多いのだと思いますが、上手にまとめられていて、しっかり収まったのではないかと思います。カットされていたとしてもキャストさんは3時間の長丁場の中でハードな動きが求められていて「もういい!袖で休め!」と思いました主に小越リョーマくん。本当にお疲れ様です。

四天宝寺がいなくて寂しいと思いながらも、いないだけに気楽に見られて良かったです。いかに四天宝寺公演時に命を削っていたかを思い知りました。それはそれで全力投球していて楽しかったですが…。やっぱりテニミュって…楽しいじゃん!
ミュージカル関連 | 23:37 | comments(0) | - | chica
COMMENT
POST A COMMENT









<< 白石部長と金ちゃんさん | TOP | 白石部長立体化のお知らせ >>